a.

2017.11.15

雪が降った。

 

入院していた頃も降ったようなことを聞いていたが

僕にとっては今日が初雪だ。

 

 

 

なぜだかはわからないが、

今日までなんとなく

今は春だという感じがしていた。

 

1回目の入院が3月だったから錯覚したのかな。

病院はとにかく季節感がないんだ。

 

 

 

しかしこれから冬が来ると思うと

なんとも憂鬱だ。

 

 

 

冬が嫌いかというと、そういうわけでもない。

 

雪は好きだ。

降り方がいつも同じでなく

表情がコロコロ変わるところがいい。

 

静かな夜にしんしんと降る雪がとりわけ良い。

 

街灯に照らされる、大粒で、ゆっくりと降る雪。

あの、音が吸収されていくような静けさ。

 

あれがものすごく好きだ。冬にしか味わえない。

 

どうして雪が降ることで静寂が強調されるんだろう

 

そして"しんしん"という擬音のしっくり感ったらない

お風呂の"かぽーん"に匹敵する天才的表現だ。

 

 

 

でも冬は寒い。それはやっぱちょっといやだ。

 

冬が寒くってほんとに良かった

って思うような

らぶきゅんエピソードを経験したことがなければ

雪が降ればいいと口を尖らせたこともない。

 

 

 

ただマフラーをぐるぐると巻いて

寒そうに口元を中に埋める女の子は可愛い。

 

いとをかし極まりない。そうだろう、男子諸君。

 

 

 

ぜんぜん冬関係ないんだけど

からし色の服を着た女性にとても惹かれる。

 

ワンピースだとなお良い。

正直それだけでなんか好きになりそうになる。

 

 

 

なんの話だ。

 

 

 

 

 

一昨日、めでたく病院を退院した。

 

帰り際、入院の3回ともお世話になった看護師さんに

「もう来ちゃだめだかんね。」

っていじわるな笑顔で言われた。

 

なんだそれ可愛い。あなたに会いに来ていいですか。

 

なんて言葉は飲み込み、こちらも笑顔で手を振った。

 

 

 

これから半年間はリハビリに専念することになる。

 

ごっそりなくなった足回りの筋肉を鍛え、

骨が回復するのをひたすら待つ。

まるで冬眠のように、我慢する時期だ。

 

仕事を始めるのはもう少し先になる。

それまでは実家に甘えさせてもらうしかない

 

 

 

20代前半のこの3年間は

自分の人生において、きっと大きな分岐点になるだろう

 

治った後どうなるのか想像はできない。

ただこの3年間を悔やむことはしたくないと思う。

 

きっと糧になる。

だから今は我慢だ。

 

なんとかなる、って

どっしり構えようじゃないの。

 

 

 

もうすぐ25歳になるらしい。

 

まだまだ自分は若い。

なんだってできる。

2017.11.9

魔法少女まどか☆マギカを見ています。

 

 

 

 

 

 

 

ドラマのカルテットを見ています。

 

 

 

それから漫画のおおきく降りかぶってを読んでいます。

 

 

 

あとポケモンをやってます。(ホワイト2)

 

 

 

 

 

......。

 

 

 

 

 

ベテラン入院患者通り越して

ニートの才能あるんじゃねえかな。と思う。

 

ここはネカフェかと。

 

 

 

 

 

大丈夫大丈夫

ちゃんとリハビリもしてる。

 

明日は実習にきている学生さんの勉強のために

体を好き放題触らせてあげてほしいと言われたので

二つ返事でOKをしたんだ。

女の子であることを祈ってる。

 

 

 

 

 

そうそう、少し前に言ってた

フリーライターの仕事をひっそりと始めた。

 

いわゆるクラウドソーシングってやつだ。

 

ライターって言ったら聞こえ良くて格好良いけど

今んとこ小遣い程度にしかなりそうにない。

こりゃ食ってくには厳しいな。

ゼロよりはマシだけど。

 

でも文章書くのは楽しい。

知識も増えるし、ちょっと面白いから

松葉杖とれるまではやってみようかと思っている

 

こっちがおざなりにならないように気をつけるね。

 

 

 

ちなみにどうやら週明けには退院できそうな雰囲気だ。

 

ぶっちゃけ食事とかリハビリとか色んな面で

入院してる方が楽なんだけど

さすがにそうは言ってられない。

 

今回も看護師の皆々さま

大変お世話になりました。

 

それとなんだかんだ例のあの人のことは

ずっと忘れないと思う。

転院先でどうなったのかすげえ気になるもん。

強制退院とかさせられてないか心配ですらある。

 

 

 

 

 

おっともう消灯の時間。

 

 

 

 

 

今日はこれといったオチもなく

 

落ち着いて、寝れますね

 

 

 

 

 

......お後がよろしいようで。

2017.11.1

11月。

 

病室の窓を開けると冷たい風が入り込んできた。

それでも陽射しが暖かく、気持ちの良い秋晴れだ。

外に散歩に行けないのがもどかしい。

 

 

 

今、ベッドに足を伸ばして膝の上のパソコンで

大好きなフジファブリックのライブDVDを

ノリノリで足でリズムをとりながら観賞している。

 

そしてテーブルにはハーゲンダッツのバニラがある。

 

 

 

さて皆さん、

ハーゲンダッツをどんな時に買うだろうか。

 

 

 

そう、めでたい日である。

 

 

 

いきなりだが、ぶっちゃけ今日はめちゃくちゃめでたい

そして自分を少しだけ褒めてあげたい。

 

そんなお話だ。

しばしの間、お付き合い願いたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

何があったのかというと。

 

自分の退院が決まった訳じゃない。

 

 

 

隣のベッドの人が転院したのである。

 

 

 

うん、意味わかんないでしょ。わかる。

 

でもね。もう言葉になんないんだけど

今嬉しくてにやけてるのね。

きもいでしょ。わかる。

 

 

 

簡単にいうと、問題児だったのだ。

それも大がつくほどの。病院中の問題児。

 

患者、看護師、事務

全ての人間の頭を悩ませた男、ゴールドロジャー

 

…いやごめんなんかほんとテンションおかしいんだわ

ハーゲンダッツにお酒入ってたかな

バニラエッセンス?

はー。もうこんなブログ今日だけにするから

許してくださいまじで。

 

愚痴るのとか普段あまりしないし

そもそも好きじゃないんだけど

今回ばかりは。吐き出せてほしいんじゃ。

 

 

 

具体的にどんな人間だったかというとね。

 

まずタバコが吸いたいストレスが

根っこにあったんだと思う。

それだけでまず毎日イライラしてるのね。

 

そのせいか、イライラ爆発ゲージがものすごく低い。

中学生の反抗期みたいな感じで

人に怒鳴りつけ、とにかくモノに当たる。

カーテンの音、ものを置く音、ベッドに横になる音

(舌打ち、ため息、音漏れ、おまけに咀嚼音。

正直、生活音だけでもうるさい。)

自分のことしか考えてないのかなあ。

 

言い忘れていたが、おそらく30代の男だ。

交通事故で、右肩骨折と大腿骨にヒビとかだったはず

 

入院中イライラするのはわかるのさ。

俺だって1回目の時はすげーイライラしてたし

ちょっと看護師さんに嫌な態度とかとってたもん

入院生活ってやっぱストレス溜まるのよ。

ある程度の不機嫌はしょうがない。

 

でも、

ここは自分の家じゃない。

 

共同生活をしているんだ。

そこには人間関係が生まれる。

 

まして看護師さんは家族でもない人の

世話をしてくれてるんだぞ。

食事から排泄まで世話してもらって

それが当たり前かのように

それが仕事だろうとでも言うように

挙げ句の果てに理不尽な文句を怒鳴りつけて

同室の人の気持ちなど考えもせずモノに当たって

 

何様のつもりかと。

 

 

 

失礼。ちょっと高ぶってしまった

 

 

 

こんな人と2週間、生活を共にしたのだ。

ここまで我慢してきた看護師さんと自分を

褒めたくもなるってもんだよ〜〜

 

今日その人が部屋出ていったあと

同部屋のおじいちゃんと看護師さんとで

「いやーお疲れ様でした!!」

って笑いあったのめちゃくちゃ爽快だった

 

イライラしてるのを見るたびに

向かいのおじいちゃんと目合わせて

「困ったもんだね」って顔して笑う日々だったんです

 

でもここで笑えたのってちょっとすごいことで

下手したらその部屋全員が不機嫌になりえたわけよ。

今回は周りが大人で穏やかな人ばかりだったけど

二次災害は十分にあり得たからね、恐ろしい。

そんなの頑張ってる看護師さんがかわいそうじゃない。

看護師さんにはほんと幾度となく同情したから

「お疲れ様」「いつものことだから大丈夫っすよ」

ってめちゃくちゃフォローした。

 

前にもどっかで言ったけど、感情は感染するんだよ。

自分不機嫌だぞアピールする人は

周りを不幸にするだけなんだ。

 

だから、自分が不機嫌だって気づいたら

なるべく早く感情を収めて発散方法を考えるのがいい。

常にご機嫌でいるのが何より一番だ。

 

 

 

社会にはこんな大人もいるわけです。

逆にあそこまで自分本位で我慢せずいられるのは

すごいことだし羨ましいよな〜とまで思うよね。

若干嫌味もあるけどなかなかできることじゃないよ

 

だから結構良い経験だったなと思ってるんです実は。

(くそポジティブ)

 

入院経験って

経験値カテゴリ(自作語)がやや特殊でさ、

ほとんどの場合辛い経験にはなってしまうけど

ここでしか学べないこともあったなって思うよ

皮肉なもんだけど。笑

 

  

 

皆さん、もし今後入院することがあって

彼のような人に当たってしまった時はね 

 

①できるだけ部屋から出て過ごす

②騒音は迷わずイヤホンしてシャットアウトする。

 

こうやって

不快感を感じる時間をできるだけ短くすることだよ。

相手の非は無視して、

自分のために、自分から逃げることがとっても大事よ。

 

入院プロフェッショナルのお言葉だからね

よう覚えとき。

 

(以下、入院実績

   2015年3月

   2016年12月

   2017年10月←now!)

 

 

 

は〜、すっきりした。

 

通信制限も解除されたし、もう麻生さん無敵だよ。

退院まであと1、2週間ってとこかな

 

よゆーよゆー!まっかせとけー!

 

2017.10.28

松葉杖に昇格した。

 

愛しの車椅子はとりあげられてしまった。

夜中の静かな渡り廊下を車椅子で一人、

爆走するのが気持ち良くて好きだったのに。あーあ。

 

 

 

でも行動範囲は少し広まって

これはこれで良いもんだ

 

どれ、今日は"一人スペース"の

新規開拓にでも行くか。

 

 

 

"一人スペース"というのは

読んで字の通り、一人で過ごせる場所のことだ。

一人が好きな僕は、静かで一人になれる時間を

求めていた。

 

基本的にもうずっと病室にいる必要はない。

ちょっとだけ看護師さんを困らせるが

朝昼晩の体温計を計って置いておけば笑って許してくれる

 

病室はベッドがあってのんびりできるものの

周りの人の生活音がどうしても気になってしまう。

特に今は、ちょっとこう、すごいのがいてね。

この話はまた今度しよう。

 

さて、病院内で一人になれるところというのは

結構少ないものである。

もちろんカフェや休憩スペースなどはいくつかあるし

そこに行くことも多いのだけれど

やっぱり完全に一人にはなれない。

 

ドラマなどでよく見る、屋上に期待したこともあるが

実際の病院では屋上を開放しているところは

なかなかないそうだ。

まあ理由は容易に想像できる。

でも外の空気吸えるだけで違うだろうになあ。

欲しいよ屋上。

 

僕は探し回った。

人通りが少なく、静かで、一人になれるところ。

カフェのようにお金を使わなくてもいい、

暑過ぎず寒過ぎず、外の景色が見えたら最高だ。

 

人の入っていない病室。

 

土日だけ休みの外来待合室。

 

出入りが少ない方の玄関ロビー。

 

こういったところを見つけたときは思わずほくそ笑む。

 

今日初めて発見した玄関ロビーは穴場だった。

病院事務系の人間の出入りがほとんどで頻度も少ない。

椅子とテーブルもある。何より静かだ。

少し肌寒いがカーディガンを羽織れば問題ない。

 

したり顔で椅子に座り、本を開く。

 

うん、静か。

落ち着く。

 

かなりいいところを見つけたかもしれない。

子どもの頃の秘密基地に来たような気持ちだ。

 

 

 

 

 

そういえば入院からもう1週間経ったみたいだ。

 

リハビリは順調だし、暇にはもう慣れた。

自分のベテラン入院患者ぶりに、たまに笑えてくる。

 

 

 

この間は後輩がお見舞いにきてくれた。

相変わらず親(おじいちゃん)のような気持ちになる、

かわいいやつらである。

 

その夜、鏡に映る自分はいつもの数倍良い顔をしていて

なんだか笑ってしまった。

一人も好きだけど

好きな人と会うのはもっと好きなんだ。

 

 

入院生活に慣れてる場合じゃない。

とっとと退院して、

会いたい人に連絡をしよう。

2017.10.24

さて、入院5日目の朝である。

 

 

 

手術は無事成功した。

 

朝10時頃から始めた手術だったが

麻酔から目が覚めた時には16時。

約5時間ほどの大手術だったようだ

 

端的に手術内容をまとめると

 

①折れてしまった髄内釘(金属棒)を取り出し

②より太い髄内釘を入れ

③さらに腸骨(腰横の骨)を大腿骨に移植

 

こんな感じだ。

 

足だけでなく

健康で丈夫な腰の骨を移植する

という工程が前回までとは違うところで

そしてこれがめちゃくちゃ痛い。

 

ぶっちゃけ足よりこっちの方が痛い。

くしゃみをすると一時的に死ぬことができる。

 

でもそのおかげでかなり太ももの骨は

強固になったようだ。

レントゲンを見ても医者の これでもか、という

熱量が感じられる

 

悔しい思いをしたのは医者も一緒だったのだと思う。

院内だけでなく他院にも相談して

必死に考えてくれたらしい。

本当にありがたい。その思いに応えないといけないな

 

 

 

術後2日間は一切身動きができず

寝たきり生活が続いた。

 

麻酔の影響で体を起こすだけでも

吐き気や目眩を起こしてしまったり、

痛みで全く眠れなかったりで、結構辛かったなあ

 

3日目に管がやっと全部抜けて

ようやく車椅子チャレンジ。

本当に腰の傷が痛すぎてキツかったけど

なんとかデビュー。乗ってしまえばこっちのもの。

 

車椅子の運転テクにはめちゃくちゃ自信があり

院内随一の"車椅子ラー"だと自負している。

若者が少ないからでは、なんて声は聞こえない

 

直線のスピードはもちろん、

カーブの切り返しなんてそれはもう見事なものだ

あれは最早ドリフトと言っていいのではないだろうか

 (よいこはまねしないでね)

 

 

 

 

 

このようにだいぶ元気になったので

皆様のお見舞い、お待ちしてます

 

お見舞いに何持ってくといいのって

よく聞かれたりするんだけど

個人的にはヨーグルトやプリンとかすげー嬉しい。

冷蔵庫もあるから暇な時に食べられるものは助かるな

 

あとどんぐりのパン食べたいなあ(切ない顔)

 

 

 

憎たらしいね。笑

ではでは🏃

2017.10.19

入院初日。

 

3度目ということだけあって、

病室に着いてからの部屋づくりがスムーズすぎて

我ながら気持ちわるい。

 

持ってくるべきものや、

付属のタンスに入れとくと楽なものなど

把握し切っている。

コンセントはタコ足を準備したあたり本当にぬかりない

当たり前だ。3度目だもの。

 

ものの3分で過ごしやすさ100点の病室が出来上がった

慣れたもんだねえ

 

しかし今日は本当にやることがない。

術前だからバリバリ動けはするけど

病室にいないと看護師さんに迷惑がかかる。

 

早くも時間の流れの遅さにやられている。

おいおいまだ3時間しか経ってないぞ。

 

経験上、入院中は暇になるととりあえず

コンビニやカフェ(ここにはタリーズが入っている)に

行きたくなる。移動するだけでも気分転換になるからだ

そして何かしら飲み物などを買ってしまう

結果いたずらにお金がなくなるというサイクル。

 

..無職の財力をなめないでいただきたい。(真顔)

五千兆円くれ〜〜

 

 

 

まあ、こんなこともあろうかと

本、ゲーム、PCは準備万端なんだけど

初日から使ってしまうとなんかもったいないな

とか思っちゃって無駄に出し惜しみをしている。

 

あと最悪なことに昨日Wi-Fi通信制限がかかった。

あと10日間は生き地獄だ。死にたい。

 

 

 

手術は明日の朝9時。

4時間くらいだというからまあまあ大手術になりそうだ

 

今日の夜まではご飯も食べられるし

明日の朝も水くらいなら飲める。

食事抜きが一番辛いから今回はありがたい。

 

 

 

入院中のブログはどうしようか

 

書く時間は腐る程あるけど

書く内容は腐るものしかないんだわ。

 

色々考えてみたんだよ

この際ちゃんとしたブログ書いて

アフィリエイトで少しでも稼いでみるとか

フリーのwebライターの仕事探して

コツコツ稼ぐだとか。

後者は割とありかもしれぬ。

 

まあでもこのブログ書くのは結構好きだったりするから

まったり続けながら他の何かを始めてみようかな。

 

こんな長文ツイッターみたいな呟きブログだけど

ちまちまと読んでくれてる人がいるのは嬉しいです。

ありがとう。

 

 

 

さーて、なにしようかな!!!

(だれかLINEくれさい!)

2017.10.15

おひさしぶりです。

 

前回からずいぶん期間が空いてしまいました。

 

 

 

 

 

しばらく更新してない間に、

ちょっとね、色々ありまして。

 

今日はその色々の報告をしようかなと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

9月28日。

病院に行ってきた。

 

足の痛みがやはり気になっていたので

本来の診察を2週間ほど早めてもらい、

レントゲンを撮った。

 

見たところ異変はないようだった

むしろ骨自体はまずまず順調に回復していたのである。

 

ところが、目を凝らしてよくよく見ると

 

中に入れている金属が、

折れるはずないと思われた真っ直ぐな棒が

ほんの少しの角度をつけて折れ曲がっていた。

 

特に問題ないように見えますが、と言っていた担当医は

それを見つけて数秒固まった後、

 

「これは..危険ですね..」

 

と呟いて無線で上司の先生を呼び出した。

僕の頭の中は真っ白だ。

 

3人ほど先生が集まってレントゲンをチェックし、

出た結論はこう。

 

 

 

「少し考える時間をください」

 

そして

 

「明日からの労働は禁止でお願いします」

 

だった。

 

 

 

 

 

時間が止まったかのように、声が出せなかった

 

 

 

我に返って、つい聞き返す。

 

"禁止"、ですか。

「禁止です」

"制限"ではなく。

「はい。これ以上負荷をかけるのは非常に危険です

一切の労働を禁止してください」

 

 

 

 

 

わかりました、と。

 

言うしかなかった。

 

理解なんてこれっぽっちも追いついてないけど

それ以外の言葉は求められていなかった。

 

 

 

その後の話を聞きながらも

脳内では無数の "どうしよう" が渦巻く。

 

それはあまりに残酷で

想像を遥かに超える診断結果だった。

 

 

 

会計待ちの間、放心状態で何も考えられなかった。

生きる希望を失ったかのように脱力し、

しかし気を抜いたら出てきそうな涙を

コントロールするのに必死だった。

 

 

 

迎えに来てくれた母の車の後部座席で

堪えきれず泣いた。

 

悔しさ、情けなさ

申し訳ない気持ち

全部がどばっと溢れ出して、

しばらくの間、止まらなかった。

 

 

 

そのあと母は僕を焼肉に連れていった

 

どんなに悲しくても腹は減る。

流れ出た涙の分をありがたく補給した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

翌日、会社を事実上退職した。

 

その日は早番で(さすがにその日は内緒で働いた)

朝から気が気でなかったけど

店長と相談して、退職が決まった。

 

あまりに急すぎて、とにかく実感がわかなかった。

こんな急な辞め方する人他にいないだろう

 

それなりに核になって働いていた人間が

引き継ぎもろくにせずに辞めるのだ。

ただでさえ人手が足りていないのに。

本当に、迷惑極まりない話だ。

 

だから周りにそれを報告するのがとにかく辛かった。

こんな去り方になってしまったのが

悔しくて、情けなくて、

申し訳ない気持ちでいっぱいだった。

 

お世話になったパートさんの顔を見ると

やっぱりだめだった。ぼろぼろ涙が溢れた。

まったく、大の男が泣きすぎである。

 

これだけ迷惑をかけても

みんな優しい言葉をかけてくれた。

改めて、職場の暖かさを感じる。

 

本当に良い職場で働かせてもらったな。

 

いつも思ってたけど、仕事が楽しいと思えるのは

すごく幸せなことなんだ。

 

だからこの職場で働けて、本当に幸せだった。

 

ほんとのこと言うと、もう少し頑張りたかった。

やっぱり悔しいし、惜しい。

 

 

 

 

 

こうして、会社を辞めた。

 

こんな形だったから

直接挨拶できなかった人もたくさんいる。

 

この場を借りて。

 

3年間、本当にお世話になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今の気分はどうかというと

 

辞めた日にめちゃくちゃ泣いたのと

良くも悪くも仕事から解放されたことで

 

結構すっきりしてます

 

前回の休職と違って戻るわけじゃないから

焦りとかもないしね。

 

ゆっくりじっくり、治すことにします。

 

 

 

 

 

そうそう、これだけは誤解しないでほしいんだけど

ボルダリングのせいではないです。

絶対そう思ってる人いると思うんだけど

ほんとに違うからね。🤔笑

 

 

 

 

 

手術日は20日だからあと5日。

もう3回目だから不安とかはそんなにない

 

1ヶ月なんてあっという間なはずだけど

入院の1ヶ月はとても長い。

 

今後のことをゆっくり考える時間にしよう。

 

 

 

欲しいものがたくさんあったけど

今何より欲しいのは強靭な足。

 

今度こそ頼むよ

せんせー。