a.

2017.7.14

中学生だった頃、ネットの掲示板で

お悩み相談所みたいなことをやっていたことがある。

 

ぶっちゃけこれは黒歴史とも言える過去だけど、

当時の自分はそれなりに真剣に

毎日知らない人の相談に乗っていた。

 

どんな経緯で始まったのかはよく覚えてないけど、

1日3人くらいから書き込みがあって

それに返事をする、といった感じだった

中には結構深刻な悩みの人もいて

中学生なりに一緒に苦しんだりしていたのを覚えている

 

その頃の自分は

ネットで相談してくるということは

周りに相談できる人がいないのかもしれないな

と思っていたので、

とにかくたくさん会話をして、話を聞いた。

 

もちろんまだ中学生だったし、

なんならちょっと調子に乗っていたかもしれないが

その頃の僕はそれを、趣味のような仕事のような

不思議な感覚でひっそり続けていた。

 

実をいうと、大学で心理学を学ぼうと思った

きっかけの一つでもある。

人の話を聞くカウンセラーになりたかった。

 

 

 

早々にその夢は諦めて

今は町のパン屋で働いているけど、

人の話を聞くのは今でも好きだ。

 

聞いてよあそうくん

とか

ちょっと愚痴ってもいい?

なんて、聞き役として求められるとなんだか嬉しい。

その人にとっての捌け口になれているんだと思う。

 

だからこそ、いつも穏やかでいたい。

 

最近は余裕がなくなっているのか

仕事中にいらっとしてしまうこともある。

その度にそんな自分に嫌気がさすんだけど。

 

楽しい仕事だから楽しく働きたいし

周りの人にも楽しく働いてほしい。

 

悲しいけど

ネガティブな言葉ばかりの人とは距離を置きたい。

マイナスの感情は感染するんだ。

自分の中で留めるべきだと思うんだよ。

 

 

 

暑くなってきたけど

どこか旅行でもいきたい気分だな

 

ぼーっとする時間が必要だ。

時間をつくろう。

広告を非表示にする