a.

2017.7.11

f:id:kopeta:20170711171508j:image

 

 

 

アイスコーヒーが美味しい季節になった。

 

休日。宮越屋珈琲に来ている。

 

今日と明日は珍しく2連休。

ゆっくり本でも読もうと思っている。

 

よく冷えたアイスコーヒーとチーズケーキが美味しい。

たまには甘いものもいいもんだ。

 

左隣には年老いたおばあちゃんとその娘らしい女性。

席が近いので自然と会話が耳に入ってくる。

 

あふぉがーど、とはなんなのか

おばあちゃんは興味津々だ。

大丈夫。それ美味しいよ。

 

娘さんは携帯の使い方を必死に教えているみたいで

送信ボックスに未送信メールが30件もあるよ、と

少し呆れながらも何度も繰り返し説明している。

 

こういう光景はよく見るものだ。

僕の姉と母、母と祖母もいつもそんな感じである。

 

とはいえ、フリック入力とかなんとか言われても

年寄りにはちんぷんかんぷんなのだろう。

おばあちゃんは困った顔をして娘の話を聞いている

 

 

ちなみに右隣には外回りらしきサラリーマン4人が

取引先の話や厳しすぎるノルマの話を愚痴りあっている

 

スーツが似合ってて、働く男、という感じがする。

僕は普段スーツを着ないので

スーツの会社員を見ると格好良いな〜、といつも思う。

 

 

 

仕事柄、行く店の接客が気になってしまうタチなのだが

この店の接客は、なんだかすごく心地いい。

 

例えば「ごゆっくりどうぞ」っていうのが普通だけど

ここでは「ゆっくりしてってください。」

みたいな感じ。

 

すごく自然な"会話"で、堅苦しくない。

ちゃんと目を見て話してくれるし、

その人の人柄の良さが表れている。

こういう店にはぜひともまた足を運びたい。

 

 

 

あまりに居心地がいいので3時間も居座ってしまった。

冬の間から読んでいた本もついに読み終えた。

 

横道世之介」は小説も映画も名作だと思う。

とても良かった。すごく好きな作品。

 

 

 

さて、今日の夕飯は季節感ガン無視でお鍋です。

 

暑いけど、野菜をたくさん食べたくなってね。

 

さっき、お皿を一枚割ってしまったんだよ。

学生時代に好きな人から誕生日に貰ったもので

お気に入りだったのにな。悲しい

 

いい機会だと思って明日は食器でも探しに行こうかな。

雨、やんでくれよ。

広告を非表示にする