読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

a.

2017.5.16

ついに念願だった仕事復帰を果たした。

 

手短かに今日のことを書き留めておこう。

 

 

 

朝、職場に着いて制服に着替える。

鏡を見ると、もはや懐かしい姿。

 

とにかく緊張していた。

なんてったって5ヶ月ぶりだ。

どういう気持ちでいけばいいのかもよくわからなくて

緊張で強ばった顔をへらへら笑って誤魔化した。

 

職場の人達はやっぱり暖かかった。

「もう大丈夫なの?」

「無理しないでね」

「おかえり!」

そんな言葉をたくさんかけてもらった。

これだけの迷惑をかけたのに

笑って迎え入れてくれたことがすごく有り難い。

 

さすがに5ヶ月ぶりとなると

忘れてることも変わってることも多くて

最初はやや放心状態になった。

思ってたよりばんばん仕事を任せられたからびっくり。

聞くところによると、

来月には同じ部署の上司が他の部署に異動するらしく

実質、自分が部署リーダーになるらしい。

暖かいお出迎えとは裏腹に

これからの仕事内容はとてつもなくハードである。

やることいっぱいだよ。

 

不安だった足の痛みは思ったより無い。

怪我の痛みというより

疲労感としての痛みをずっしりと感じる。

この痛みがなんだか懐かしく、少し心地良く思えた。

 

初日だからなのかはわからないが、

"なんとかなりそう"という感覚がある。

少し安心した。

 

仕事を終えたあとは、自分へのちょっとしたご褒美に

近くの温泉で疲れを癒して、美味しいご飯を食べて

ジョッキでビールを飲んだ。

 

家に帰り、洗濯機を回して、明日のお弁当をつくる。

これがいつまで続くかな。

1週間続けば良い方だ。

 

 

 

今日を無事終えれてよかった。

 

働けるって幸せだよ。

今日の自分は今までよりずっと生き生きしてた。

やっぱり仕事が好きだなあと思う。

 

 

 

さあて寝ないと。

有り難いことに明日も仕事があるんだ。